SOC-MISC-13000 Social Graphics Resize for Blog2

パッキングが苦手な方多いですよね。私たちも同じです。パッキングは旅のTo-Doリストの最後の項目。これさえ終えれば楽しいバケーションが待っています… もちろん、本当にバケーションが始まるのは、空港のセキュリティ・チェックの長蛇の列を通過して、手荷物受取場のターンテーブルから自分の荷物を探し出してからですが。面倒な荷造りが少しでも楽になる旅の裏ワザをご紹介します。その中でもスペース、時間、心のゆとりを与えてくれるおすすめのアイディアをいくつかご紹介します。「上に乗らないとスースケースが閉まらない」というストレスから、皆様を解放いたしましょう。

服はたたまずに丸める

ロールケーキみたいに丸めてください。言葉にするとおかしな感じですが、お試しください。スーツケースにかなりのスペースができて、入らないと思ってあきらめていた予備の靴が収納できてしまいます。服を丸めてしまえば、シワにもなりにくいので、バケーション中にアイロン掛けをする手間も省けます。

機内持ち込みバッグを賢く使う

誰にでも起こりうることなのですが、目的地に到着し、あとはタクシーをつかまえて、リゾートのプールへ直行するだけ、という時に限ってスーツケースが行方不明に…。ここで、機内持ち込みバックの出番です。機内用の雑誌やスナックでパンパンにせず、予備の着替え、トイレタリー用品、パスポート・クレジットカード・旅行書類など念の為に最低限の物を機内持ち込みをすれば安心です。

多目的に使えるバッグも一緒に

次は、南国へ旅行する方への裏ワザです。トイレタリー用品のバックとして、ソフトタイプのクーラートートバックを持参してください。実はとても重宝するアイテムです。ボディーソープやシャンプーなどの液体を収めるケースとして使えば、安全に持ち運びができます。荷ほどきした後は、プールでリラックスする際に冷たいドリンクを入れておくクーラーとして使えます。日焼け止めローションの漏れを防ぎ、冷たい飲み物を入れるスペースが確保できる、これこそとっておきの旅の裏ワザです。

スーツケースをシェアする

荷物の紛失に備え、長期旅行の際は服を複数のバッグに分けてパッキングしてください。一緒に旅行をする家族や友達同士で、互いの服を分散して持ち合うことをお勧めします。そうすれば、預け入れ手荷物が紛失した場合でも、全員に何か着るものがあることになります。

荷物を減らす

スーツケースに持ち物を詰め込み過ぎないようにしましょう(10本のズポンが本当に必要でしょうか)。チェックインの際、重量オーバーで荷物の収拾がつかなくなってしまって、慌ててスーツケースの中身を整理する状況にならないように必要最小限の荷物を持って行くことを心がけましょう。上下セパレートの洋服を選び、旅行中はそれを滞在先で洗濯しながら着回すなどの工夫をしてみてください。ヒルトン・グランド・バケーションズのリゾートでは、大抵の場合、無料のランドリー施設をご利用いただけます。スタイリッシュに着こなしながら、お土産のためのスペースも確保できる裏ワザです。

Leave a Comment